援交アプリは鬼出会えない!俺が体験した出会いアプリの失敗の数々

男_スマホ_見る_険しい_家

援交アプリ及び出会いアプリという名のものがGoogleplayやappstoreで無料でダウンロードできるが、まず出会えないという事を伝えたいと思う。未だに俺はスマホのsafariとかのブラウザで出会い系サイトのみ使っている。

色々試したけど一番使いやすくて安全というのは誓って間違いない。

結論は、援交できそうなアプリなんてありそうでないし、あっても詐欺業者の巣窟だよ。という事。

ツイッター(Twitter)での援交に関しては別の記事で伝えるけど、基本出会い系”サイト”じゃないまともに出会えない。アプリは死んでる。まずは俺の散々たる失敗談を紹介する。

失敗①詐欺師にカモられる

恐らくアプリで一番多い被害がこれではないだろうか。アプリはストアなら簡単にダウンロードできるし一見安全そうに見える。LINEというツール系の印象が強いからあんなノリで出会えるのではないか?と想像させる。

だが、よくあるパターンはアプリ自体が詐欺師による運営で順調に高額な利用料金を設定しているという流れ。

厳密に言えば詐欺ではないのかも知れないが、少なくとも誇大広告だし、誘導アプリも多い。

俺は今まえ何十個もアプリを試してきたが本当にこの失敗が多い。援交アプリ(出会いアプリ)をダウンロードするも、実はやり取りするには1通200円のメール料金がかかる…。

※出会い系の相場…1通50円

無料で使えるって書いてあったのに、無料は登録だけとかそういう解釈になるんだろうね。

酷い場合は「やり取りには別のアプリをダウンロードしてください」と言って高額な利用料金を求めるタイプのアプリ。

AppStoreもGooglePlayもそんなアプリがゴロゴロあるからマジで使えない。援交どころか出会えないし詐欺運営会社にカモられて終了。

失敗は俺だけで十分でしょ。皆さんお気をつけて。

失敗②援デリ業者っぽい女性からしかメールが出来ない

そして誰かいるかな?と思いきやポンコツ打ち子しかいない援デリ業者が蔓延している萎えるアプリもある。ツイッターもそのうちの一つだけど、アプリ自体に一般の女性がいなくて出会えない。

※打ち子=援デリ業者の中で掲示板やメールをする人の事。全部1人でやってる事も多い。

ちなみに、なぜ「ポンコツの打ち子」と言ったかというと、メールで2度同じメールがきたりする事が多いから。基本メールが適当過ぎ。援交する男を馬鹿だと思ってるに違ない。俺たちだってそのぐらいアホのようにお金にしか目がない女性には萎えるもの。立て続けにメールが来ればそんなのコピペ定型文を送っている業者だとすぐに分かる。

出会い系アプリのコイナカでも業者の確認はできていた。

一番最初は「ん?」と微妙に変なのかな?ぐらいにしか思わないが、メールのやり取りに違和感があった。食い違ったやり取りが多いし、必ず女性側の指定の待ち合わせ場所じゃないとダメ!という。業者は女性を派遣しなければいけないため、待ち合わせ場所を変えられると困るからだ。

  • メールが食い違いがち
  • 待ち合わせ場所を指定してくる

こうした、おかしな点をスルーして女性とセックスのためだけに会いたいという男性がターゲットなのだろうが、素人の援交女性を求めている俺にとっては全然騙されないし、援デリ嬢とセックスはしくない。

失敗③アンドロイドがウイスルスに侵される

これは地味に一番痛かった。

俺がアンドロイドを使っていた時にアンドロイドがウイルスにかかった。もちろん心当たりは超あって「あの出会いアプリのせいでしょ絶対…」と落ち込む俺。当時俺は多数の出会いアプリを絶賛お試し中でどれか援交に使えないかとインストールしまくっていた。

アドロイドは突然「Generic Android 6.0はウイルスに感染しました」という表示がされた。

パニくる俺。

指示に従ってウイルスブロックアプリをダウンロード(この処置がダメだった)。

しかし、そこからアンドロイドに入っていたTwitterとFacebookが勝手に操作されるという恐怖の事態になる。友達から教えてもらって発覚。どうやらパニくって画面に表示されたアプリをダウンロードしたのが悪かったらしい。

俺は必死にGoogle検索してウイルススキャンアプリを探しダウンロード。

FacebookとTwitterはやむなくアカウントを削除することに…

そして悪さをしているアプリをアンインストール。ウイルスもスキャンアプリで除去。痛手は負ったものの、何とかスマホを安心して使えるようになった。

ただ援交しようとしただけなのに思わぬ流れ玉に当たってしまった。

アプリで援交はそもそもできない

散々失敗をしてきたが、そもそもアプリはアダルト禁止な世界というのが前提。appleもGoogleもアダルトは審査で通してもらえない。しかし出会い目的じゃないという名目でアプリを配信する事でその網をくぐりぬけている。

だから、エセ出会いアプリは全部年齢認証がないし「異性の交際を目的にしていない」と規約に書いている事が多い。

唯一出会えるのは、webサイトの出会え系アプリ。

しかし、これもアプリだけの仕様で、日記やゲームやニュースなどのSNS的要素も無くなっているからブラウザの支持がいまだに多い。アプリは流行らないのはアプリの仕様が全然サイトのコンテンツを下回っているおいう事。

とりあえず色んな面から見ても援交アプリなんて存在しないという事が分かる。