援交で最初だけ「ホ別2」の条件は業者?個人でもよくある条件

7月 7, 2017

女_お金_目

援交における「業者」とは、多くの場合は援デリ業者の事を指す。そこでよ~~~く聞くセリフの中に「最初だけホ別2で」というものがある。

このセリフは援デリ業者を知らない男性なら意味が良く分からないが、

「本当はタダでセックスしたいけど、最初は2万円だけホテル代は別で欲しいの。そのあとは無料でセックスを楽しみましょう」

という事だ。最初の2万円は「信頼したいから」とかいうよく分からない理由で徴収される。これで払ってしまう男性は「援デリ業者」という人がいるという事すら知らない事もよくある。

一見セフレを後で約束しているようだが、2回目は無い。援デリならセックスしたら、さようなら。

しかし個人でも2万円を条件で言う女性は結構いる。2万円でも十分満足できる容姿とサービスを受ける事もできるから、別2万円の案件でも大事にしよう。

「業者ですか?別15ならいいですよ」

メールをしてる時点で業者じゃないかも知れないと思うなら、金額の指定をして聞いた時に断らず、値切りをしても良いだろう。業者と分かっている時は断るか無視をしても良い。

もし業者じゃなく、「別2」と言っているなら1万5千円でOKしてくれる時もある。

業者である時はほとんどの場合、2万円じゃないとダメと言い張る。かたくなにホ別2万円にこだわる場合は業者だと判断して、損切りした方がよいだろう。業者は粗悪なサービスとブスを送り付けてくるとして有名だ。

ホ別2の個人も結構いる

主に東京や大阪周辺だとホ別2になる事が多い。地方になると安くなる傾向がある。だから個人でホ別2と言う場合も結構あるのだ。東京なら別に普通だ。半分くらいの援交女性は2万円と言ってくる。

それに2万円が高いわけでもなく、それないの金額設定だと思っている。逆に容姿に自信が無かったりサービスが悪いと1万5千円と言う人が多い。

もし2万円で高いと思うなら割り切り条件を値切るのも手だろう。

ブスであったり、こちらの交渉を飲んでくれる場合は、個人の援交女性も安くしてくれる事もある。

ホ別2で美味しい思いをする事もある

ホ別2で美味しい思いをする事もある。

たとえば18歳の可愛い女子大学生と援交セックスした時などはよく思う。結構な美人が出て来て、ソープなら5万くらいするんじゃねーの?と思うような子もいるのだ。彼女たちは時に自分たちの価値を分かっていない。

あまり知られていないが、風俗の値段と援交の値段は比例する事もよくある事だ。だから単純に安い女性を抱きたいな安い風俗の地域に行くのも手だろう。

特に無知な18才ぐらいの援交仕立ての女性は安くお得に抱ける事もよくある。ホ別2なら全体の料金はおそらくホテル代合わせても2万5千円。若くて可愛い・美人・スタイルが良いというポテンシャルを持っている場合は、援交の相場的には3万や4万円する事もある。それを考えると2万円は安いのだ。

ブスで2万円の条件を言う場合

ブスで2万円と言う場合は身の程を知らすことが俺は多い(笑)

「それはちょっと相場より高いと思います」

と言ってしまう。

すると割とすぐに自分から条件を下げてくれる。ブスなら1万でしょ。と言いたい気分もあるが、あまりひどい事は言わないようにしている。金銭的に余裕がない時は素直に言い訳せず「いま厳しいんだよね」と言って交渉する。

ホ別2なら、ホ込みで2は?と言ってみるのもありだろう。