援デリ嬢と個人の女性とを比較

IMG_7975

私が良く利用する出会い系サイトには援交希望の女性が数多く存在する。
それらの女性を大別すると2種類の女性がいる。
個人で援交をしている素人感覚の女性。
デリバリー業者から派遣される女性。
いわゆる援デリ嬢と言われると存在。
この2種類が存在します。

両者ともに、掲示板の内容を確認するとお願い有、2希望、等の隠語を用いて上手く募集しているのが殆どだ。
そのようなメールを送付する際は、条件提示。もしくは条件を聞くことから始める。
この段階では、個人で援交している女性なのか?
援デリが女性を装っているのか?
これを判断することはできない。

ではメッセージのやり取りの中で少しずつ気付けるパターンもある。
どうも、普通の女性っぽくない。
個人で援交している割には、あまりに交渉が手馴れているケースだ。
いわゆる裏風俗のような届出を出していない店舗の客引き。
それが、援デリと言われる存在である。
援デリと言われる後ろ盾がいる準プロのような女性。
または闇デリの様な条件が高めのJK・JCを派遣する違法の業者なども存在する。

これらは掲示板の書き込みから判断することは難しい。

援デリか普通の援交女性かどうか?
中々見抜けない女性ばかり。

やりとりのメッセージの中で、ようやく援デリだと発覚する事が多い。
または、行為が終わった後に発覚するケースだってある。

援助希望の女性の交渉相場は大体1.5~2万が多いのだが、裏風俗や援デリでは交渉の余地がない場合が多い。実際に提示された額を断った時に即時でブロックして来たり、断りを入れてくる女性は殆どがこれに充たる。というのも値段設定が最初から決まっている様な物なので、それが呑めるなら良し、呑めないようであれば次の顧客へ、という感じだ。

援デリとは何なのか、と聞かれることがあるが、これは後ろ盾がいる状態での援助交際を指すため、裏風俗の中の一種と考えてもらって相違ない。援交している女性の中には、後ろ盾なくして出会い系サイト等を利用出来ない事情の人もいるのだ。

さて、個人で援交している女性はそもそも相場なんてものはないものと考えて良いだろう。長期的な関係を望む女性で愛人関係を持ちたい、セフレが欲しい。という両極端な願いがあるので交渉相場はピンキリになる。

その日の気分次第というあいまいな女性するいる。

個人援交をしている女性を希望する男性も中には数多く存在すると思うが、最も気をつけねばならないのはただのセフレ募集だ。

チャットメール

タダより高いものはない。昔から言われていることで、リスクだってある。最悪のケースでは私生活を滅茶苦茶にされる可能性も頭のどこかで考えねばならない。なぜなら、極度に男性に依存しているメンヘラ女が多いのだ。

そういった情報を集めているサイトも存在するが、私怨で動く方々もいるため、役に立ちそうで役に立たない情報ばかりだ。

出会い系サイトに蠢く闇は深く情報が交錯する中で貴方が求めているのはどのタイプの女性なのか?

 

 

完全に割りきって、後腐れなく本番できる援デリ嬢を希望するのか?
もしくは、当人同士で決め合う個人援交での出会いを希望するのか?

今一度、比較して考えてみてほしいと思う。

ちなみに、私の考えでは、両者とも変わらない。
結局、援交相手は出会う女性次第によるからです。

大当たりもあれば、地雷が炸裂するケースもある。
これは、女遊びに付き物のリスクなのだから。